2009年10月26日

「明日の記憶」面白かった
四、五年前にラジオ深夜便で同じ題材のやってたのが個人的に凄く印象に残ってるわ

ちょっと言い方が悪いからあれなんだけど
死に映画っていうのかな、所謂人が死ぬことで感動を得るタイプの映画の次世代版みたいな感じするよね
誰に対してもかなり身近で、捉え方によって死ぬよりも悲壮感出るし
その分それを作品にするのは難しいんだろうけど

そんなこんなで、かいじゅうたちのいるところ見に行きたい


(20:07)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔